デスティニーラバーズ|119話の確定ネタバレと感想

  • URLをコピーしました!

漫画『デスティニーラバーズ』119話のネタバレと筆者の感想をまとめたページです。その他の記事は『デスティニーラバーズまとめ』から閲覧できます。

読みたい項目をタップ

119話 前回おさらい

究極学園ラブコメ4日目の放課後。課題に向けて俊樹と大河原は順調に進んでいる一方で、1500m自由型が課題の匠馬は当日合格できるか不安を覚えます。

その晩、寮を抜け出し1人プールで練習していると葵が現れました。一通り泳ぎ終わった匠馬は葵がブラコンだったことを知り、悲しむ彼女を抱きしめます。そして2人がキスする場面を京は目撃します。

119話 本編ネタバレ

匠馬と京

匠馬とキスする場面を見られた葵は急いで立ち去ります。その場に残された匠馬はどうして葵とキスに至ったのかそこまでの経緯を京に話しますが、槍人として生きたら良いんじゃない?と持ちかけられ驚きます。

京の発言に理解が追いつかず何を言っているんだと言い返すものの、葵が好きなことを言い当てられ動揺する匠馬。違うと否定したところで京から好きと告白されたことに加えて、抱いてよと股を広げてお願いされアソコをビンビンにさせます。

俊樹と翠

ベッドの上で仰向け状態の俊樹は特訓をしているのか、翠に体の上に跨られています。翠は平然とした顔をしながらも必死に性欲を抑えているようですが、勃起している俊樹のアソコを見て興奮を隠しきれていません。襲われるのも時間の問題です。

大河原といちご

ベッドに腰掛け、いちごがシャワーを浴びている音を堪能中の大河原。こっそりと一発抜こうとします。しかしいちごの悲鳴が聞こえてきたため中断し、下半身を露わにしながら急いでお風呂場へ。

中に入ると足を滑らせてしまい、素っ裸のいちごの上に倒れ込みそうになりますが、いちごは虫がいたような気がして叫んだと言います。お互いの性器が触れ合っている大河原には彼女の言葉など聞こえておらず、はーはーと興奮状態です。つづく——。

119話 感想レビュー

3人ともそれぞれの女性とセックスしそうな危うい展開です。ついに京は匠馬に気持ちを打ち明け、色々な理由で脱落させようとしていますが、大半は匠馬とHをするための口実だと思います。

ショタコンであることを隠している翠もそろそろ本性が現れそうで、大河原はいちごと性器を擦り合わせている状態のため完全に理性が飛んでいて獣のようになっています。一番危うい状態です。

  • URLをコピーしました!
読みたい項目をタップ