デスティニーラバーズ|116話の確定ネタバレと感想

  • URLをコピーしました!

漫画『デスティニーラバーズ』116話のネタバレと筆者の感想をまとめたページです。その他の記事は『デスティニーラバーズまとめ』から閲覧できます。

読みたい項目をタップ

116話 前回おさらい

更衣室で競泳水着に着替え中の匠馬は葵のことが頭から離れず、更衣室を出たプールでもそれは同じでした。そして大丈夫だろうと思われていた俊樹も水着姿の翠に見惚れている様子。

水泳部部長の葵は今日の練習の様子を見て7日目に行う課題の内容を決めていくと匠馬たちに伝え、次に臨時講師の常盤いちごを紹介します。しかしいちごは天然ドジっ子であり、大河原の性癖に見事にハマりました。

寮を借りるのを忘れたいちごと同じ部屋で過ごすことになり、その中で致そうと妄想に耽っている大河原です。

116話 本編ネタバレ

発表される課題内容

匠馬たちは葵に現状どのぐらい泳げるのか確認したいからとコースで1人ずつ泳ぎ始めます。俊樹はカナヅチで全く泳げず、大河原はそこそこ、匠馬は小学生の頃にスイミングスクールに通っていたため3人の中で一番泳ぎが得意です。

それぞれの泳ぎを見た葵は3人に当日の課題内容を発表。俊樹は25m自由形。大河原は50mバタフライ。匠馬は1500m自由形となりました。匠馬だけ難易度が桁違いです。

各々の部屋で

久しぶりに泳いだ匠馬は寮の部屋のベッドで眠りにつきます。葵がそんな匠馬に布団を掛けてあげて、お疲れ様と一言。その様子を黙って眺める京です。

部屋に戻ってベッドに顔を埋める俊樹は、匠馬と大河原に迷惑を掛けたくないと反省しており、そこに身体の使い方を教えてやると翠にのしかかられます。

ベッドに仰向けの状態で課題の件を考えていた大河原は、臨時顧問の常盤いちごのことが頭から離れず……するとちょうど彼女が部屋にやってきました。

とんでもない量の荷物が入った段ボールを台車で持ってきたいちごを手伝おうとするものの、うち1つの荷物が彼女の頭に落ちそうになっていたため、防ごうとして2人はそのまま転倒しキスをしてしまいます。つづく——。

116話 感想レビュー

課題は当日に発表されると思っていたのですが、意外にもすぐ発表されました。結構できるぞオーラを放っていた俊樹がまさかのカタヅチと知り、本当何しに来たんだよ笑 ここからの俊樹の活躍に期待したいです。

また、今回も葵の登場によって狂人のように「葵ちゃ~~~ん!!!」と嬉しさを醸し出す読者も多い印象ですね。筆者はどちらかと言えば京推しなので、もっと京が登場するシーンを見てみたいです。

大河原といちごの今後の展開も気になる所ですが、このままいくと大河原は自らいちどを求めてセックスしそうな勢い。お互いを本気で愛してリア獣化しないのであれば、もうヤっちゃっても良いんじゃないかと思います。

  • URLをコピーしました!
読みたい項目をタップ