【ギルティサークル】76話の確定ネタバレと感想

漫画『ギルティサークル』76話のネタバレと筆者の感想をまとめたページです。その他の記事は『ギルティサークルまとめ』から閲覧できます。

読みたい項目をタップ

76話 前回おさらい

早々にゴールを決めた井戸田ですが、男子2人でのペアだったため失格。秋月は林に、武田はマイにあんなことやそんなことをするのに夢中でお互いのボートが近づいていることに気付くのが遅れ、両者ともに転覆して失格に終わります。

最終的に1位を取ったのは牧村とドМの男子ペアでした。武田とマイの2人がいないことに気付いた沢屋ですが、川谷は知っている模様。ちょうど武田はマイと2人きりになり、自分の大きくなったアソコをしゃぶらせます。

76話 本編ネタバレ

さぁどうする武田

自分の息子をしゃぶらせた後、マイの尻やアソコを激しく愛撫して彼女をイかせます。そして中を広げながら挿れてくださいと言われ、息子を挿入……が!その直前で武田の脳裏に沙織の姿が浮かびました。そのまま帰るわと背中を向けてマイの元から去っていきます。

付いて来るんですか!?

ボートレースで何があったのか、伊吹は沢屋と井戸田に水島なんかもういいんだよとキレており、今日で終わりの夏合宿で必ず1年の女の子とヤってやると叫んでいます。一方、実家に帰るためにバイクに乗ろうとしていた沙織を呼び止め、お前を本気で愛してると突然口にする武田。彼氏だから良いだろと沙織の実家に付いて行こうとします。

接触する2人

夜8時過ぎ。梶原は車にもたれかかり、人を待っていました。そこに現れたのが星見です。梶原に2分遅刻だよと言われるものの、自分が遅れたことに関しては触れず姉の千鶴がどこにいるのか教えてくれるんですね?と確認。もちろんと答える梶原ですが、少しデートに付き合ってくれたらねと付け加えます。つづく——。

76話 感想レビュー

あの武田が自分の意思でセックスを中断しました。どれだけ沙織を愛しているんだよ!素晴らしい!沙織を思い出した際、悔しそうに歯を噛みしめるコマがありますが、それはマイとヤれなかったことに対してなのか、それとも沙織という彼女がいながら他の女の子に手を出してしまった自分が許せなかったからなのか……考えさせられます。

ボートレースでちょこっとだけ伊吹と水島のコマも描かれていましたが、伊吹が水島に怒りを露わにしている様子から察するに、何かあったことは明白です(ただ単に伊吹が、他の男と水島がイチャイチャしていた出来事を引きずっているだけかもしれません)。ちなみに来週も休載なしで最新話が更新されるようですね。

76話 作者ツイッター

読みたい項目をタップ