ギルティサークル|65話の確定ネタバレと感想

  • URLをコピーしました!

漫画『ギルティサークル』65話のネタバレと筆者の感想をまとめたページです。その他の記事は『ギルティサークルまとめ』から閲覧できます。

読みたい項目をタップ

65話 前回おさらい

流れた告発動画はすぐに元の告白動画へと戻り、千鶴という人物すら知らない大半のサークルメンバーは告発動画の内容を信じていない様子です。しかし一部のメンバーや沢屋は本物だと確信します。

そんな中、沢屋とまたイチャイチャしたい秋月は彼に近づきお酒を飲ませるも、林に廊下へ来てよというようなジェスチャーをされます。仕方なく廊下へ出ますが油断していたところを襲われ、皆が近くにいる場所でイかされてしまいそうになっていました。

65話 本編ネタバレ

林に責められ続ける秋月

皆が騒ぐ部屋を出たすぐの廊下で林に責められ続ける秋月は、彼に止めるようお願いするものの、一向に止めてくれる気配がありません。大事な部分にも手を入れられ、イくのも時間の問題です。

戻って来るのが遅いと感じた沢屋は心配になって立ち上がり、廊下に行こうとしています。そのことに気付いた秋月は焦り、来ないでと祈るばかり。手を入れていた林は彼女のアソコの締まりがよくなったことに対していじります。

水島の部屋に向かった伊吹

水島と約束をしていた伊吹は、彼女の部屋の目の前にまでやってきます。近くの窓ガラスで自分の容姿を軽く整え、女子部屋だからと入る前にメッセージを送信しますが、既読すらつきません。

今は部屋にいないのではないかと思い部屋から遠ざかろうとする伊吹。しかし部屋の中から声が聞こえてきます。慌てて部屋の扉を少し開け中を覗くと、ベッドの上で水島と先輩の男子生徒がキスをしていました。

その光景を見た伊吹の鼓動は高まり、水島は約束があるから早く出ていってくださいと言いますが、先輩はムラムラが収まらず水島を押し倒し、服を脱がせ始めます。つづく——。

65話 感想レビュー

今回は前半が秋月サイド、後半が伊吹サイドに分かれての話です。前回から廊下で林に責められ続けていた秋月。やはりそんな2人に近づいてくるのは沢屋でしたが、その後の物語は次回以降に持ち越しとなりました。

伊吹が水島の部屋で致す場面に関しては詳しく描かれないだろうなと思っていたら、しっかり描いてくださる作者です。とはいえ伊吹の前には先客がおり、秋月サイドと同様にこっちもこっちで全く展開が読めません。

秋月は林にイかされてから沢屋にバレるのか、それとも沢屋にバレてからイかされるのか、どちらもあり得そうな展開ですが、秋月がイくことは決まっていると勝手に予想しています。

  • URLをコピーしました!
読みたい項目をタップ