ギルティサークル|66話の確定ネタバレと感想

  • URLをコピーしました!

漫画『ギルティサークル』66話のネタバレと筆者の感想をまとめたページです。その他の記事は『ギルティサークルまとめ』から閲覧できます。

読みたい項目をタップ

66話 前回おさらい

いつ誰にバレてもおかしくない状況の中で林に体を触られる秋月。あと少しでイきそうになっていました。このまま誰にもバレずに済めば良いものの、戻ってくるのが遅いと感じた沢屋が近づいていることに気付き焦ります。

水島と会う約束をしていた伊吹は、我慢できなくなり約束の時間より少し早く彼女の部屋に向かいました。部屋の前に着くと中から声が聞こえたため扉の隙間から中を覗いてみると、ベッドの上でイチャイチャする水島と先輩の姿が。

66話 本編ネタバレ

覗き続ける伊吹

伊吹は水島と高木先輩があんなことやそんなことをする場面を、止めなきゃと思いつつも扉の隙間から覗き続けます。そんな中で2人の行為はエスカレートしていき、ついに自分の息子を胸で挟んでもらう高木です。

水島がアソコを舐められながらもスマホを手にしたことで、伊吹は自分に助けを求めるメッセージを送信する気だと悟ります。すぐに来たLINEを確認しますが、肝心のメッセージの内容は助けを求めるものではなく、少し待っててという内容でした。

部屋を覗かれているとも知らずに、水島は高木の高木を胸で挟み込んでいます。

秋月と林と遭遇する沢屋

秋月の戻りが遅いことを心配した沢屋が部屋を出て、秋月と林と遭遇します。しかしなんともなかったかのように振舞う林に沢屋はどこも疑っている様子はなく、少し顔が赤い秋月に対しても飲み過ぎたから?とだけ聞き返します。

林は小便に行くとその場を離れていき、秋月は林にイかされそうになったことなんて沢屋に話せないと胸の内にしまい込みました。先輩に連れられて部屋へと戻っていく彼に声を掛ける機会を失い、その姿を廊下の奥から笑みを浮かべて見ている人物の描写です。

メッセージの相手は梶原

お風呂上りに千鶴の失踪の件についてのメッセージを確認した星見は、思い切ってその電話番号に発信。相手はすぐに電話に出て星見は誰なのかと問うと、姉の行方を知る唯一の人物である梶原だと名乗ります。つづく——。

66話 感想レビュー

今回は色々と面白い回だったと個人的には思います。まずは水島と高木先輩のイチャイチャシーンですが、一番の見どころは高木が水島の胸の谷間に自分の息子を入れてしまう場面と言って良いでしょう。

伊吹は自分のことが好きなくせにどうしてそんな男とHなことをするんだと心の中で水島に訴えていて、LINEのメッセージが来たときも助けを求める内容だろうとほぼ確信している様子でした。残念、伊吹!もう部屋に乗り込んで3Pしちゃうしかないよ。

秋月は沢屋がやってきたことで恐らくイかされずに済んだみたいですが、完全に林にマークされており、この先も油断できません。さらにそんな秋月を廊下の奥から口角の上がった女が覗いている描写もあり、見た限り牧村です。

星見にSMSを送った相手と電話相手も梶原本人であると分かり、彼女に対して千鶴の行方を知る唯一の人物と言って軽く自己紹介していた台詞からすると、千鶴は生きている?と捉えられなくもありません。

しかしながら、そうなると63話で沢屋が見た千鶴は殺されたという告発動画の内容とは矛盾が生じることになってしまうため、難しいところです。

ちなみに少し前に行われていたキャラクターの人気投票が終わったようで、1位はやはり美和子でした!2位の星見とは800票ほどの差をつけ、4,114票と圧倒的です。他は3位が武田、4位が沙織、5位が秋月となっています。

  • URLをコピーしました!
読みたい項目をタップ